日常 映画・アニメ

伊藤潤二先生の漫勉を見て

投稿日:2017年3月15日

どうもぽーんです。

私は漫画も結構好きで、一時期はくだらないネームなどを書いた事があります。

あの時は若くて相方の絵描きには結構辛く当たっていたのかも知れません。

今は連絡も取れなくなってしまって悲しいです。

その相方は今思うと結構すごかった奴なんですよ。

と話はそれましたが漫勉が結構面白いんです。

漫勉

漫勉とは漫画家の浦澤直樹先生がプレゼンターを勤め、色々な漫画家にインタビューをしながら、執筆活動に密着するというNHKの番組です。

毎回違う漫画家さんが出るのですが、今回はホラー漫画家の伊藤潤二先生です。

放送中、浦澤直樹先生が伊藤潤二先生の執筆スピードが遅い所が、このホラー漫画の怖さを怖くしている所の一部のと言っていました。

若干ディスってるのかと思うような発言ですが、浦澤直樹先生は伊藤潤二先生の事をリスペクトしているようです。

私的には伊藤潤二先生は傷ついているようにも思えました。 

私が今回見ていて思った事 

私は伊藤潤二先生の事をホラー漫画家である事ぐらいしか知らなかったのですが、見ていてすごいと思いました。

ホラーやグロ表現というと、私的にはネタ切れを起こして人を引き付ける幼稚な手段のように思っていましたが、伊藤潤二先生は違うと思いました。

伊藤潤二先生の作品の怖さには、その漫画での現実の一部として、単純にその様をただ表現しているように感じました。

ぱっと見は怖いです、でもそれは人を怖がらせてやろう、気持ち悪くしてやろうという表現ではないのです。

どこか美しく、そしてクリエイティブ。創意工夫がちりばめられているのを強く感じました。

とにかく嫌味がないのです。

伊藤潤先生は嘘っぱちと言ったりもしていましたが、その漫画では現実なんです、それを納得させるだけの表現技法が詰まっているのだと思います。

ハンターハンターや幽遊白書で有名な冨樫義博先生も大分影響を受けているのではないかと思われる表現がいくつも感じられました。

ヒソカの表情や、ゴンがゴンさんから戻った後の表現などなど、ハンターハンター好きな私にとっては似ている表現が沢山あると感じました。

勿論、冨樫義博先生がただ単にパクっているのだという事ではありません、伊藤潤二先生の良い所を取り入れ、冨樫義博先生の漫画で生きているのだという事です。

感想

私はこういった作風の漫画が好きなのだと改めて感じました。

嫌味なくホラーやグロテスク表現がただ現実としてあり、そして不思議なものとして創造をかきたてられるからです。

伊藤潤二先生も言っていましたが、子供が考えた、こうしたら怖いじゃないかとか、どこか理屈を置いていってしまう表現力がとても素敵だと思いました。

また私も漫画のネタとか考え見ようかな。

以上。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-日常, 映画・アニメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

感謝の気持ちを送りたい。電報に一工夫、喜ばれる、おもしろい電報のお知らせです。

どうもぽーんです。   皆様朗報です、サプライズ企画を考えている方はいらっしゃりませんか? でも、出席できない、祝福の電報だけでも送りたい。 けど、それじゃそっけない。 と、思っているあなた …

ローソンセレクト 屋台風たこ焼せん 「脂肪、燃焼」

私の名前はぽーん。 どうも。 今日は屋台風たこ焼せんを買って食べました。 屋台風のたこ焼のせんべいです。 友人宅でのどかな夜を過ごそうとローソンにやって来ました。私はその日とてもとてもカルピスが飲みた …

栃木県さくら市喜連川に行って来ました。2「天野原町、ミトの聖地です2」

前回までのお話【栃木県さくら市喜連川に行って来ました。 「天野原町、ミトの聖地です1」】こちらです。 私達は渋滞にも巻き込まれず、順当に喜連川に向かい到着しました     道の駅  …

築地 どんぶり市場 深夜に海鮮丼が食べたければココ

どうもぽーんです。 夜9時を超えてから無性に海鮮ものが食べたくなってしまったぽーんです。 夜9時を超えて食べれる海鮮系は少ない、ましてや夕方のゴールデンタイムに食べれる格安の店と同等の店はそうない。 …

栃木県さくら市喜連川に行って来ました。3「E.Y竹末 思い出のラーメン」

栃木県さくら市喜連川に行って来ましたシリーズの続きです。以前の記事が気になる方は下からどうぞ。 1【栃木県さくら市喜連川に行って来ました。1 「天野原町、ミトの聖地です」】 2【栃木県さくら市喜連川に …

スポンサードリンク