漫画

面白い漫画 ヴィンランドサガ19巻 感想 

投稿日:2017年5月4日

どうもぽーんです。

以下、ヴィンランドサガ19巻の話になります。
読んでない人はネタバレになる可能性があります。
ネタバレになる可能性が嫌な人はこのページから離れましょう。

http://ponblog.com/

ついでに、ヴィンランドサガに興味のある方はこちらをどうぞ。

 

 

 

 

 

ではここかから始めます。

ヴィンランドサガ19巻

そもそも半年ペースに1回単行本化される、アフタヌーン連載中ヴィンランドサガです。
待つのが長いです。

ヴィンランドサガは私が購買している数少ない漫画の1つです。
ようするに私的に面白い漫画という事です。

しかしながら10巻辺りから少しストーリー的に停滞を始めておりました。停滞とはつまらなくなったわけではありません、今後のストーリーに重要になるファクターを育てる期間だったのです。
正直それはわかっていましたが少し長くも感じましたね、1巻出るのに役半年ですから。どれだけの歳月が流れた事か。

しかし時は満ちました。
ちょっと前からストーリーは動き始めてはいたのですが、ようやく1~10巻辺りの面白さが戻ってきたように感じます。

今回はやばいです、もはや伝説級に強い主人公トルフィンが追い込まれます。ほとばしる緊張感です。

 

 

ヴィンランドサガの作者、幸村誠先生は前作のプラネテスから私は大ファンでして。

プラネテスはどちらかと言うと「哲学」にみたいなテーマがあり、そこへ導入させる為の設定が私の中でメガヒットした作品です。
私は読んでいる最中に頭の中で宇宙が広がりました

愛とは何か、それを宇宙を舞台に考えさせられる話なのです。
「あっ言っちゃた」まぁ平たく言えばそんな話です。

そのプラネテスの作者が、今回はヴィンランドサガという漫画でバイキング、海賊にスポットを当てた話で、どちらかというと戦闘が華で、まずはそこに目を奪われる作品を書いています。

戦闘の面白さは「ベルセルク」の鷹の団編に匹敵すると思います。

しかし、この戦闘漫画を描いているのは幸村誠先生です。
ただの戦闘漫画ではありません、戦闘、血で血を洗う戦いの中で考えさせられる、平和だったり、本当の強さ、複雑な思いが込められていて、また「哲学」的要素を含んだ作品なのです。

そして19巻は完璧に戦闘の面白さに振ってある巻で、面白い。

あ、今思いましたけどヴィンランドサガって「るろうに剣心」よりちょっとリアル向けの「るろうに剣心」みたいな感じかもしれませんね。ついでに私は「るろうに剣心」も大好きです。

感想

19巻は久々の熱い展開の戦闘が始まりましたよ、強敵現るです。そう強敵現るです。
今後、このピンチを主人公トルフィンはどう切り抜けていくのでしょうか。
物語は確実に動き始めました。この先、作者の幸村誠先生は何を考えているのでしょう、楽しみで仕方ありません。20巻に期待です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

クロスボーンガンダムDUST2巻 レビュー

どうもぽーんです。 ちょっといまさらですがクロスボーンガンダムDUST2巻の感想を書いていこうかと思います。 1巻の感想についてはこちら【クロスボーンガンダムダスト DUST 1巻】   こ …

ハンターハンター連載開始 クラピカの人差し指の鎖について考えてみる。

どうもぽーんです。 今回は私の大好きなハンターハンターの話をしてみようと思います。 ようやく連載開始となったハンターハンタ。多分一年くらい休載していたでしょうか、私の中ではクラピカの「私が止める」が最 …

漫画「惑星のさみだれ」を読んでみた。 

どうもぽーんです。 最近何か面白い漫画はないものやらと探していたぽーんです。 私は面白い漫画がもう無いのではないかと、何を読んでもあまり感動しなくなっていまい、読むのがおっくうになってしまっていたもの …

伝説の作品「日常」 「CITY」新連載 あらゐけいいち先生

どうもぽーんです。 今日は最近読んだ日常系ギャグ漫画「CITY]のレビューをしてみたいと思います。 今回のCITYは2ヶ月連続刊行だったので、1巻、2巻を読んでの感想にしてみたいと思います。 出会い …

クロスボーンガンダムダスト DUST 1巻

どうもぽーんです。 私はガンダム好きでして、クロスボーンは結構贔屓にしている作品の一つです。 クロスボーンガンダムは1991年に劇場公開したガンダムF91の続編で、1994年よりクロスボーンは漫画で連 …

スポンサードリンク