食べ物

ぷりぷりぷりちぃ プチプリンチョコ 「新アポロではありません」

投稿日:2017年6月12日

どうもぽーんです。

お菓子シリーズです。

私でだってお菓子は好きです、ポテチばっかり食べているわけではなくチョコや甘いものだって食べたりします。

今回目に付いたのは、カバヤさんのプチプリンチョコです。

「ちいさなプリンでおおきなハッピー!」です。
意味は良く分かりませんが、素敵なキャッチコピーです。

ですが私が一番興味を持ったのはこの可愛らしいプリンの絵です。
舌を出したプリンです。
舌を出すという行為は人を馬鹿にしたり照れ隠しの時に使う行為です。この絵を見る限り私は人を馬鹿にしているようには思えません、何かに恥を感じ照れているように思えます。

では一体何に照れているのか考えてみましょう。

 

商品化してしまった事に照れている

商品化してしまった事に対して照れている場合、それには何パターンか考えられます。

1:適当に作ってみたら商品化出来てしまった。
2:とにかく商品に至るまでの開発経緯が恥ずかしすぎる。
3:アポロに似すぎている。
4:商品が旨すぎて、褒めちぎられて恥ずかしがっている。
5:ただの表情の一部分でしかなく、特に意味はない。
6:ベロ出しがかわいいから。
7:左右上を商品のチョコに囲まれて恥ずかしいから。

 

ざっと私が思いつく限りではこのくらいしか出てこないです。
考えれば考えるほどなぜ照れているのか分からなくなっていますが、もしかするとそれ自体が狙いなのかもしれません、ですがここであえて私が答えを出すとするのなら、6の可愛いから、としておきたいです。

 

実物を見てみる

上フタです。ここにも「ちいさなプリンでおおきなハッピー!」とか書かれています。

これが「ちいさなプリンで大きなハッピー!」を授けてくれるチョコです。
見るからにアポロを彷彿とさせれる形と大きさです。
しかしアポロとは決定的に違う所があります。

それはスタッキング出来るところです私なりにスタッキングさせてみました。
どこまで積めるか試してみたい所ですが、その前に早く食べたいので食べてみます。

 

食べます

私はアポロを食べるとき、アポロの下と上を分離させるのが好きです、どちらが好きかというのならばアポロの下のほうです

ですが困りました、このプチプリンチョコ弄りすぎていたせいか柔らかくなり分離させる事が難しくなってしまいました。
手で分離しようとすると解けて手がベチャベチャになります。なので前歯を駆使し分離させてみましたが、やはり綺麗に分離する事ができなかったので写真は撮りませんでした。

とりあえず分離は諦め食べる事にします。

 

感想

旨いです。

これはアポロとは全然違う味です。
プリンです、プリンの味がするのです。そこからプチプリンチョコの上のほうと下のほうを一緒に食べると、「大きなハッピー!」が襲ってきます。これです、これがあのキャッチコピーの意味が分かりました「大きなハッピー!」なるほど、これはまさしく大きなハッピーです。

成分表にには「大きなハッピー!」は入っていませんが、確実に「大きなハッピー!」です。

 

何個でも食えます、手が止まりません。食べている最中もたまに歯で分離を狙ってみるものの綺麗には出来なかったですが、そんな事は気にしません「はっぴー!」「ハッピー!」を欲してしまいます。

気がつけば空になり、そこでようやく落ち着きを取り戻します。

「ハッピー!」とは一体なんだったのか、食べ終わるとどうにも思い出せない、だがしかし食べている時は確かにあったあの「ハッピー!」感、そして口の中に残るホワイトチョコレートを食べたような後味。また売っていたら買おうと思う商品でした。

ご馳走様でした。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ファイヤーハウス  リベンジ、アップレラバーガー 「炎の店 再訪」

どうもぽーんです。 私は以前にもこの店ファイヤーハウスに訪れています。その時の記事はこちら【ファイヤーハウス 本郷の老舗ハンバーガーショップ 「これが炎の店です」】です。 その時に連れの友達が食べたア …

江戸川区で1番美味しいたこ焼き屋「刀鍛冶」  浪花たこ焼き、推参

どうもぽーんです。 以前の記事【再訪、平井のカキマゼヌードル チドリ! ぽーん、汁なし坦々そばを食す。】で汁なし坦々そばを食べた後、平井人おすすめのたこ焼き屋があるという事で「刀鍛冶」を紹介されました …

東京で一番のおいしい大福 瑞穂(仮)

どうもぽーんです。 以前花見に行ったときにもらった大福です。 私は大福について何の知識もありもありません、ですがこの大福は東京で一番美味しい大福と言われたので、東京で一番という事は日本で一番という事で …

栃木県さくら市喜連川に行って来ました。3「E.Y竹末 思い出のラーメン」

栃木県さくら市喜連川に行って来ましたシリーズの続きです。以前の記事が気になる方は下からどうぞ。 1【栃木県さくら市喜連川に行って来ました。1 「天野原町、ミトの聖地です」】 2【栃木県さくら市喜連川に …

平井のパン工場 ぱん蔵でもらったパンの耳を食べてみた

どうもぽーんです。 以前紹介しました平井のパン工場、ぱん蔵でもらった耳をトーストしてみました。【以前の記事:平井のパン工場 直売所ぱん蔵(Panzoh) でパンを食べてみた】 以前のパンの耳の画像です …

スポンサードリンク